Neutral football

現実の殻を破る。フットボールと社会をつなぐ

現場のサッカーコーチから、田嶋会長へ ①

f:id:neutralfootball:20180420220427j:image

(画像は産経ニュースより)

 

日本サッカー協会(以下、JFA)の田嶋会長は、ロシアワールドカップに勝つためだけに、この時点でハリルホジッチ氏を切ったわけではないだろう。

ハリルホジッチ氏から冷遇されかかっていた選手達からの直談判メールを受け、さらには電通そしてadidas、KIRIN等の大手スポンサーからの圧力、ハリルホジッチ氏を連れてきた霜田氏が協会から去り、電通の岩田氏が理事になったタイミング、その直後の解任劇。
Oh、いかにもわかりやすい。そこに政治的そしてビジネス的な力学が働いていたのだろうということは、容易に想像できる。

このことは他でも多く指摘されているし、でも実証はできないからこれ以上は言わないけど、まぁそういうことだよね。

それよりも
4月9日の記者会見で、田嶋会長が、ハリルホジッチ監督を解任した理由の中で言ったこと

「会長として、どんな時でも、日本サッカーの発展を考えないといけない」

いけしゃあしゃあと放ったこの言葉が、僕にはどうしても許せない。

まさかロシアワールドカップで結果を残すことが、日本サッカーの発展への最優先事項だとでも思っているのか。裏を返せば、ロシアワールドカップで結果を残せなければ、日本サッカーの発展は地にまみれるとでも?

4年に一度のワールドカップ至上主義はこの国ならではの風潮ではあるだろうけども、サッカーはワールドカップだけじゃない。むしろワールドカップはオマケ。そして代表チームもオマケであるべきだ。

これからの日本サッカーを担う選手達、それを支え応援する人達、その人達が楽しめる環境。
それこそが、日本サッカーのこれからをつくっていく主役、そのものでしょう。

ワールドカップでグループリーグ全敗しようが、次回のワールドカップに出られなくなったとしても、サッカーはずっと続いていく。

いつでも誰でもどこでもサッカーが不自由なくやれる場所があり、トップリーグであるJリーグを筆頭に全国津々浦々で各カテゴリーのリーグ戦が充実し、それを観られる環境が整い、サッカーの競技人口が増え、サッカーファンが増え、その積み重ねとしてサッカー文化が醸成され熟成し、その結果として、代表チームが強くなる。

そのサイクルを構築していくことこそが、日本サッカーを発展させていくということ。
その仕組みづくりの表面だけは出来ているように見えても、肝心のその中身、草の根の現場での実態や環境を見ると、JFAが一丸となり、必死に、真摯に取り組んでいないのは、明らかにわかる。

あなたを筆頭にしたJFAは、その努力を怠ってるじゃないかと、田嶋会長に直接ぶちまけたい気分だ。

 

選手登録費、チーム登録費、指導者資格更新料、審判資格更新料、、
一体、子ども達や僕ら指導者達から、毎年いくら捲き上げたら気が済むんですか。

 

「どんな時でも、日本サッカーの発展を考えないといけない」

そう言うのなら、全国各地で「新規チーム」が連盟に入れてもらえない問題を、まずなんとかして下さいよ。

日本サッカー協会に相談しても「県協会に相談して」と言われ
ならばと県協会に相談しても「市の協会に相談して」と言われ
市の協会に相談したら「区の協会とうまくやって下さい」
だから、その区協会が門前払いなんですって。こんな地獄ループが続く。

「誰々に挨拶しないと受け入れられない」
「誰々に筋を通さないと相手にもされない」

そんなヤクザ世界のような話がジュニア年代でまかり通っているんですが、このことに関してJFAはスルーし続けるんでしょうか。そういえばJFAは、サッカーファミリーを増やすとか言ってませんでしたっけ。
本当に日本サッカーの発展を第一に考えるのなら、この問題、真っ先にどうにかして下さい。ジュニアだけでなく、ジュニアユースだってそう。連盟に入れないで苦しんでいる新規チームが、全国にはたくさんある。

何千もの子ども達(もっとかも)が「公式戦」に出られない状況が続いてる現状を、まずはなんとかして下さい。

 

もっとグランドつくって下さい。巨額の資金を草の根に回して、土のグランドを人工芝に替えて下さい。

 

指導者資格、コネがないと上級を受けられないアナログなシステムをいい加減、改善して下さい。
指導できるチームもないくせにコネだけある人がS級やA級持ってたって、何の意味もないでしょう。だったら、僕ら現場の人間達に、もっと門戸を開けて下さい。

日々忙しい中で目の前の選手達と向き合って関わって、資格取りに行く時間もない学校の先生達にもライセンスをあげられるような、そんな仕組みをつくってください。

 

情報を協会だけでパッケージしないで、現場の指導者達にも全てオープンにして、皆が勉強できる仕組みをつくって下さい。
その国のサッカースタイルをつくるっていうのは、そういうことでしょう。

 

女子サッカーの選手達の環境改善に、本腰入れて下さい。

なでしこリーグの選手達、Jリーガーよりよっぽど練習してるし、練習終われば毎日働いている。プロ選手なんてひと握りだけ。サッカー少女達に、もっと夢をみさせてあげてくれませんか。

 

日本中の河川敷グランドに、女子専用のトイレや更衣室をつくってあげて下さい。今はあまりにも、女子にとって劣悪な環境が多すぎる。それくらいの予算、余るほどあるでしょう。


女子の競技人口が増えれば、それはすなわち「サッカーやったことあるお母さん」「サッカー好きなお母さん」「サッカーに詳しいお母さん」が増えるということ。

そしたら、息子や娘にサッカーやらせるでしょう、きっと。
そうやって、年代を重ねてサイクルを回して、競技人口は増やしていくものじゃないか。

 

安倍政権、官邸の中枢にいる某政治家は、自分の選挙区の少年サッカー連盟の名誉会長に就いている。選挙戦になると、その地域のジュニアチームから保護者や指導者が電話作戦の人員として動員される。パーティーにも強制参加。断ると、グランドが使えないなどの圧力が加わる。

そんな現状がある。政治家にサッカーが利用され、ジュニアチームが利用され搾取されていることに、JFAとして、どういう立場を取るのか。
当然、この件は誰かしらからJFAへ訴えが届いているはず。それに対して、JFA側から何か反応があったという話も聞かない。JFAとして以前に、サッカーを愛する者として、会長はどっち側に立ちまスガ?まさか、政治権力側に立つなんてことはないでしょうね。

 

まだまだ言いたいことはあるけれど、もうこの辺にしておきます。

サッカーライター、サッカージャーナリストの人達は、これらのことには踏み込まない。知らないわけはないと思うけど、知ってて知らんぷりならば尚更タチが悪い。ペップがどうの、スペインの育成がどうの、戦術がどうの…といった、見栄えのいい話題しか取り上げないしね。

 

ロシアワールドカップなんて、どうでもいい。
けれど、そのワールドカップを口実にしてこの時期に監督をいきなり解任。
そういうことをする国なのか。そういうことをする協会なのかというニュースは、もう世界中を駆け巡ってしまっている。

ハリル憎し、スポンサー様へのコンフォーミズムで首を切ったのだろうけど、このことで、今後、海外の有能な監督が来てくれることはかなりの確率で期待できなくなった。
このことの方が、2ヶ月後のワールドカップで負けるよりも、よっぽど損失だろう。

そんな想定すらできないってことは、さすがにないと思うのだが。

 

最後に

もう数年も前の話だけれど、ある大雨の日、東京の駒沢競技場内にある「第二球技場」で、中体連の公式戦が行われていた。(確か都大会だったと思う)

僕は他の用事で駒沢にいたのだけれど、その時、第二球技場では某学校の試合が行われていて
その試合を、第二球技場の外の木が生い茂っている中、傘もささずに全身ずぶ濡れになりながら、木の陰からこっそり試合を見つめている人がいたんです。

それが、田嶋会長だった。

田嶋会長のご子息が、その学校の選手として出場していたわけです。
当時田嶋さんはまだJFAの会長ではなかったけれど、要職には就いていたし、サッカー関係者ならば当然、田嶋さんの顔は知っている。

スタンドに行って堂々と観戦すればいいものを、スタンドに行けばきっと屋根のある関係者席に誘導されるでしょう、周りが気を使って。
それを田嶋さんもわかっていたから、あえてスタンドには入らず、雨でぐちゃぐちゃになっている泥の森の中に隠れて、ずぶ濡れになりながら、息子さんの試合を観ていたんだと思います。

ずぶ濡れになってじっと試合を見つめていた田嶋さんの姿がとても印象的で、あの日のことは、僕は今でも強烈に覚えてる。


きっと謙虚な人であるはずだし、サッカーに対する愛も、とても深いものがある人なんだって、僕は今でも思ってます。そう信じたい。

だからこそ
「会長として、どんな時でも、日本サッカーの発展を考えないといけない」
と仰るのならば、その言葉を本当に実行に移してほしいと思う。

そしてワールドカップが終わった後でもいいから、今回の顛末の真相を、僕らに説明してほしい。心から、そう願ってます。

田嶋会長、お願いします。

 

文責 / 久保田 大介

suertesc.pokebras.jp