Neutral football

現実の殻を破る。フットボールと社会をつなぐ

この世界の片隅に

夕凪の街、桜の国

「この世界の片隅に」原作者のこうの史代さんが2007年に描いた「夕凪の街、桜の国」を読みました。 昭和30年の広島から物語が始まり、原爆で人生を狂わされた家族と、ずっと続いていくその子孫の物語。被爆者差別の現実を描いていて、「この世界の片隅に」よ…

すずさんを巡る旅

12月16日(金)の夜から19日(月)まで、ふらりと広島に行ってきた。映画『この世界の片隅に』の舞台となった、広島の江波や呉の街をどうしても巡ってみたくて。 江波にも呉にも、映画に出てくる建物や街並みがまだそのまま残されてるところがとても多い。で…

居場所の物語 〜 この世界の片隅に・最後の考察

このコラムだけでなくいろんな媒体で何回も書いているけれど、11月から、映画「この世界の片隅に」に完全にハマってます。 実はこれまで、すでに8回も観に行ってしまった。自身の人生で、同じ映画をこんなに何回も観に行くなんてもちろん初めて。 12月には、…

幸せとは、この世界の片隅でほんの少しの居場所を見つけること

前回のコラムで『この世界の片隅に』がどれだけ素晴らしい作品か、を書きました。 neutralfootball.hatenablog.com 同じ映画館に、すでに3回も観に行ってしまった。 年内には必ず広島に行こうと思ってる。それほど、この作品の素晴らしさとすずさんの愛おし…

この世界の片隅に

映画『この世界の片隅に』を観てきました。 konosekai.jp 木曜日、雪で練習が中止になり、急に時間ができた。ずっと気になっていたけれど時間がなくてなかなか観にいけてなかったこの映画を観に行こう、とすぐに決めた。 胸がいっぱいになった。なかなか席か…